浜松町を知る浜松町の街・ショップ情報などを掲載中!!

浜松町駅周辺にある図書館

図書館

浜松町駅周辺にある図書館

港区浜松町駅周辺には公立の図書館から、こだわりのある専門的な図書館もあります。
最近は有名建築家の方が設計したり、おしゃれなカフェや自習スペースのある図書館が増えているのをご存知でしょうか。

Wi-Fiが完備されていたり、コンセント付きのデスクが配置されている図書館もあります。
パソコンを持参して仕事や学習に快適な環境が整っています。
また、子供向けの読み聞かせイベントやキッズスペースもあり、子ども連れのお父さん、お母さんも過ごしやすくなってきています。
今回は浜松町駅周辺にある図書館についてご紹介させていただきます。

  • 港区立みなと図書館
  • 人権ライブラリー(公財)人権教育啓発推進センター
  • お寺の漫画図書館

港区立みなと図書館

アクセス:東京都港区芝公園3-2-25
電話番号:03-3437-6621
開館時間:月曜~土曜9:00~20:00、日曜・祝日9:00~17:00
休館日:第3木曜日、年末年始、特別整理日・施設保守点検のための臨時休館があります。
最寄駅:都営地下鉄三田線「御成門」駅A1出口から徒歩1分、JR山手線/京浜東北線「浜松町」駅から徒歩13分
ホームページ:https://www.lib.city.minato.tokyo.jp/j/minato.cgi

アクセスはこちら

浜松町駅北口を背にして、目の前の歩道を左に進みます。

「大門交差点」と「芝大門交差点」を越えて、突き当りにある「増上寺前交差点」の横断歩道を渡り、右折します。

少し歩くと陸橋のある交差点が見えてきます。

陸橋のある交差点の横断歩道を渡り、すぐ左にある建物が「みなと図書館」です。

緑豊かな芝公園に隣接している図書館です。
平日は夜8時まで開館しているので仕事帰りにもご利用いただけます。

英語で書かれた洋書の数が豊富にあるように感じました。
子ども向けの英語の絵本も多く並んでいます。
新聞や雑誌も充実していて、日常的に通っている利用者もいるようでした。

2階フロアは港区の郷土史や区政に関する蔵書が並んでいて、ほかではあまり見ることのない珍しい資料も手にすることができます。

鑑賞室ミニシアターで定期的に映画の上映を行っていたり、子ども会、講座・セミナーのイベントが多数開催されています。
おはなし会には赤ちゃんから小学生まで楽しめるものと、出産や育児に役立つ妊婦さんとそのご家族を対象としたものもあります。
ほかにもさまざまな展示を行っていますので、書籍以外でも楽しめます。
イベントについてはホームページで確認できます。

貸出利用について、23区内に在住・在勤・在学が確認できる証明証があれば利用登録ができます。
読みたい本の予約がインターネットからもできるので便利です。
いつでも返却できるブックポストが入口に設置してありました。

館内は静かでじっくり調べものができます。
パソコンを持参して電源使用もできますので、仕事や勉強しやすい環境です。
天気のいい日には裏手にある芝公園で休憩しながら読書をするのもおすすめです。

人権ライブラリー(公財)人権教育啓発推進センター

アクセス:東京都港区芝大門2-10-12KDX芝大門ビル4F
電話番号:03-5777-1919
開館時間:月曜~金曜9:30~17:00
休館日:土曜、日曜、祝日、年末年始
最寄駅:JR山手線/京浜東北線「浜松町」駅から徒歩8分
ホームページ:https://www.jinken-library.jp/

アクセスはこちら

浜松町駅北口を背にして、目の前の歩道を左に進みます。

「大門交差点」の横断歩道を渡り、左折します。

しばらく進むと「金杉橋北交差点」があります。横断歩道は渡らずに右折します。(交差点角のきらぼし銀行が目印になります。)

少し歩くと上の方に「人権ライブラリー」の看板があるKDX芝大門ビルの4階になります。

こちらの図書館は人権に関する図書、ビデオ、DVD、啓発資料などが集められています。
「人権とは何だろう?」「日本や世界にはどんな人権問題があるのか」といった人権に関するテーマについて調べたり学習できる人権のための図書館です。
施設内には多目的スペースがあり、ご予約すると無料でご利用いただけます。
詳しいご利用方法についてはお問い合わせください。

やなせたかしさんがデザインしたキャラクターが出迎えてくれます。

人権とは「すべての人々が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」、「人間が人間らしく生きる権利で、生まれながらに持っている権利」と習った知識のみで深く考えることがない方も少なくはないと思います。

最近では新型コロナウイルス感染者に対する差別や偏見が社会問題化していることも人権を守る思いやりのひとつです。
ほかにも関心が高まっている
セクシャルマイノリティの「LGBT」(港区HP「SOGIガイド~多様な「性」についての理解を深めるために」https://www.city.minato.tokyo.jp/jinken/documents/sogiguide.pdf参照:2021-04-20)

持続可能な開発目標の「SDGs」(外務省HP「SDGsとは?」https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html参照:2021-04-20)

教科書に掲載されたりセンター入試に出題された「エシカル消費」(京都府HP「エシカル消費のススメ」https://www.pref.kyoto.jp/shohise/documents/susume.pdf参照:2021-04-20)
についての情報も手にすることができます。

人権に関する図書以外にもパネル展示、上映会、セミナーなどのイベントもあります。
今回訪問したときには「ハンセン病」についてのパネル展示とDVDの映像が流れていました。

読書スペース

パソコンで調べ物をしたり、ビデオも閲覧できます

人権に関するさまざまなパンフレットは持ち帰り可能です。

記事を書きながら調べることで、私自身も勉強になり、すべの人が大切にされることの大事さを学べる図書館でした。

お寺の漫画図書館

アクセス:東京都港区芝公園2-9−15
開館時間:水曜18:00~20:00(祝日の場合は休館)、土曜10:00~17:00
最寄駅:JR山手線/京浜東北線「浜松町」駅から徒歩9分
ホームページ:http://mangatosyokan.com/

アクセスはこちら

浜松町駅北口を背にして、目の前の歩道を左に進みます。

「芝大門交差点」まで来たら、横断歩道を渡り左折します。

「芝大門二丁目交差点」の横断歩道を渡り、右折します。

少し歩くと左にある「芝マツオビル」の看板を目印に左折します。

左に白い塀のある一軒家が「お寺の漫画館」です。

表札に「浄土宗多聞院」とありますが通り過ぎないように注意してください。

こちらは一風変わった図書館で、多聞院というお寺が開設している「お寺の漫画図書館」です。
見た目は普通の一軒家です。
玄関から入ります。


中に入るとスタッフの方から利用方法など丁寧な説明を受けました。
漫画の置いてある「読書スペース」は畳にテーブル、仏画が見守っています

本棚にはお寺や仏教、お坊さんをテーマにした漫画が300冊ほど並んでいます。

なかには手塚治虫さんの「ブッダ」や「火の鳥」、中村光さんの「聖☆おにいさん」などがあり幅広い種類の品揃えです。
静かな広い部屋で無心に本を読むという、なかなかレアな体験ができます。
縁側に椅子が用意されていました。

奥に「本堂」と呼ばれる木魚が並んだ部屋があります。
木魚が叩き放題で住職と一緒に念仏を唱える体験や、写経・写仏もできます。
毎週通われる方もいるそうで、静かな環境で心を落ち着かせるにはおすすめです。

自由にお茶をいただける「休憩スペース」もあるそうですが、新型コロナが流行しているので、今は閉鎖中とのことです。

お寺の漫画図書館はまんがの貸出はしていませんが、スタッフの方にあたたかく迎えてくれる居心地の良い空間でした。

いかがでしたか

浜松町駅周辺にあるこだわりのある図書館をご紹介致しました。
探してみるとさまざまなタイプの図書館があって、とてもおもしろいです。
久しく図書館に行ってないという方は図書館に足を運んでみませんか。

港区で事務所・店舗をお探しの方はプレニーズ浜松町店にお任せください。
(2021年4月20日時点の情報です。開館時間や内容は変わることがありますので予めご了承ください。)